東ヨーロッパを選択する理由

IT 業界の絶え間ない成長と進歩、およびデジタル テクノロジーの高度な採用により、東ヨーロッパは最もダイナミックなソフトウェア開発先の 1 つとなっています。

会社組織として最も戦略的に重要な決定項目の1つは、優秀な人材を確保する効率的な方法を選択することです。 正しい方法を見つければ、どの企業も革新的なテクノロジーとデジタルの機会の全世界を解き放つことができます。 この選択肢を考えるときに最も一般的に使用されるコラボレーション方法として、アウトソーシング、インソーシング、オフショア、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)、インショア、ニアショア、および同様の戦略の長所と短所の両方を考慮する必要があります。

アウトソーシングには企業のビジネス目標をアップグレードし、その価値提案を改善し、リソースベースを拡張、リスクを軽減する可能性があります。 アプリの設計からシステム管理まで、技術パートナーとして外部チームを選択することは、専門家を選択して彼らが最も得意とすることに集中することを意味します。 企業のIT部分をアウトソーシングしようとしている企業にとって、東ヨーロッパは最も魅力的な目的地の1つになっています。

ビジネスのデジタル化の急速な成長は、世界中のすべての業界で多くの機会を生み出しました。 リーダーとして、米国は、優れたデジタルソリューション/製品/サービスを構築するために企業がどのようにそして何をする必要があるかについての基準を作成していました。 しかし、それ以来、ソフトウェアエンジニアの必要性が高まっており、すべての企業が他の国でも開発者を探すようになっています。

null

東ヨーロッパを選択する理由

かつては開発者がほとんどいない地域と見なされていた東ヨーロッパは、企業がデジタル問題の解決策を模索するために必須の地域へと成長しました。 これらの地域の多くの企業はクライアントの志向に企業文化を柔軟に適合させる、言い換えればアウトソーシングとして成長する戦略を取りました。

共産圏の遺産としての強力な教育制度は、今や素晴らしい成果を上げています。 この地域の国の大多数では、学校は子供たちに高度な論理的思考、数学、さまざまな言語、数学を教えており、過去数十年の間、コンピューターサイエンスはすべての年齢層に義務付けられてきました。

東ヨーロッパは、過去と現在において、多くの有名なエンジニア、科学者、数学者を輩出してきました。 IT、数学、科学などのコンテストでは、東ヨーロッパ諸国の学生が世界規模でトップ10に入るのが日常の光景です。 そして、Web Factory MK には素晴らしい事例があります。 私たちの共同創設者の2人であるStefanTrajkovski (ステファン・トラコヴスキー )とIlija Lalkovski (イリア・ラコビスキー)はこれらのイベントの一部であり、バルカン半島と国際情報オリンピックの5人の最高のマケドニアプログラマーの一部としてマケドニアを代表していました。

東ヨーロッパのITリーダーは、EUに最も近い国であるポーランドとウクライナであり、大きな人材プールを提供しています。 ポーランドはヨーロッパにとって重要な原動力となり、共産圏離脱によりダメージを受けた経済が再び立ち上がるプロセスのロールモデルになりました。 ソフトウェアのアウトソーシングサービスを提供する500を超えるIT企業を擁するポーランドには、ワルシャワ、クラクフなど、ITハブとして多くの企業があります。 一方、ウクライナにはITサービスを提供する企業が1,600社あり、キエフとリヴィウが最大のIT先です。

旧共産圏の他国はこのプロセスをフォローし追随しました。 現在すべての東ヨーロッパ諸国は、ITにより多くの利益を提供し、より多くの投資家、技術者、および企業を引き付けるために競争しています。

多くの企業がインフラストラクチャ、教育、税金、人々の生活や働き方のあらゆる側面の改善に多くの投資をしているため、競争は厳しくダイナミックです。 これらの企業はすべて、特定のスキルセット、組織、および労働文化を持っています。 高度な専門家レベルの人材プール、急速な技術進歩、および優れた価格と品質のバランスのおかげで、東ヨーロッパはITのアウトソーシングにとって魅力的な地域になっています。

東ヨーロッパ諸国に共通する項目は以下の通りです:

null

タイムゾーン

タイムゾーンは東側と西側の間の完璧な場所にあります。 米国時間では3〜6時間の勤務時間をカバーできます。また、日本を含むアジア諸国とも3〜6時間の勤務時間をカバーします。

null

よく訓練され教育を受けた若者

高度に教育を受けてトレーニングされた若いエンジニア層。IT教育は小学校から始まり、10歳になる頃にはプログラミングの学習が必須になります。

null

英語は必須です

英語は必須ですが、ドイツ語、フランス語、イタリア語など一般的な外国語をもう1つ選択する必要があります。

null

ITの成長

IT業界のCAGR (年間成長率)は、国によって異なりますが、約10%です。

null

大規模なITエコシステム

大規模なITエコシステムが構築されており、アカデミックとIT企業の交流が盛んです。

null

技術パートナーシップ

多くのアウトソーシング企業はすべてのIT関連サービスをカバーしているため、ワンストップサービスが可能です。

null

幅広い人材プール

IBM、nVidia、SAP、Microsoft、Facebook、Googleなどの大手企業は、東ヨーロッパのこの地域に大規模な開発拠点があり、常に優れたタレントを探しています。

近年ではコストを削減する方法としてアウトソーシングを検討する代わりに、東ヨーロッパへのアウトソーシングは、加速するデジタルトランスフォーメーションとビジネスのエンパワーメントの機会が多く現れています。

IT業界の絶え間ない成長と進歩、および高度なデジタルテクノロジーの採用により、東ヨーロッパは最もダイナミックなソフトウェア開発拠点の1つになりました。

 ITエコシステムは、ウクライナ、ポーランド、ハンガリー、ベラルーシ、ルーマニアなどの国々で強力な開発拠点としてすでに確立されています。 また他の東ヨーロッパ諸国も未開拓のIT人材が次々に成長しています。

マケドニアを選ぶ理由

マケドニアは南東ヨーロッパの一部であり、ITセクターの最新の注目される拠点です。 全産業の中でICTが最も急成長しているセグメントであるため、ソフトウェアサービスは国内のすべてのICTサービスから45%以上を占めています

マケドニアはセルビア、ブルガリア、ギリシャ、アルバニア、コソボの間のバルカン半島の中心に位置しています。 マケドニアの人口は200万人未満で、全人口のほぼ4分の1が首都スコピエに住んでいます。スコピエは国内最大のビジネスセンターです。

15の固定通信事業者、4つの携帯電話事業者、および90のインターネットプロバイダーがあり、この国は世界で最も高速なインターネット接続の1つを持っています。 2021年1月、マケドニアはモバイル速度で33位、固定ブロードバンド速度で101位にランクされました(出典:Speedtest Global Index)。 また、この地域で最高の通信ネットワークを備えており、システムは100%デジタルです。 これらの要因により、マケドニアのIT市場は、南東ヨーロッパ地域で最も急速に成長しているため、大幅に拡大することができました。

マケドニアは、国際通貨基金、中欧イニシアチブ、欧州評議会、欧州安全保障協力機構(OSCE)、南東欧協力イニシアチブ(SECI)、世界貿易機関( WTO)、中欧自由貿易協定(CEFTA)に加入済み。 2020年には、この国はNATOの30番目の加盟国にもなりました。

Human Development Index (人間開発指数)で82位にランクされているマケドニアは、社会保障、国民皆保険制度、無料の初等中等教育を国民に提供しています。 マケドニアは1993年に国連加盟国になりました。マケドニアの主な関心と長期的な焦点は、欧州連合への完全な統合と大西洋横断の統合プロセスです。 上位5つの政策優先事項の1つは、経済および公共外交の強化でもあります。

過去10年間に政府が積極的に投資をよぶ対策を講じたため、多くの大手企業がすでにICTに投資しています。 Microsoft、Cisco、Oracle、Dell、Compaq、Hewlett Packard、IBM、Apple、Lotusは、支店、ディストリビューター、ディーラー、リセラー、ソリューションプロバイダー、ビジネスパートナーを介してマケドニアに存在する大手IT企業ののほんの一部です。

マケドニアは、Doing Businessの統計で、ビジネスのしやすさで上位3%に常にランクされ、さらに、ヨーロッパで最も税金が低い上位5か国にあるため、企業はイノベーション、人材スキル、テクノロジーにさらに投資する機会が得られます。 世界銀行は、2019年のビジネスのしやすさレポートでマケドニアを10位にランクされました。

null

教育

マケドニアは高度で近代的な教育システムを持っています。 全国に80以上の高校があり、言語、数学、科学に重点を置いており、22の大学があります。

IT投資の増加は、教育プログラムの大幅な改善によるものでもあります。

小学校ではIT教育が義務付けられています

義務教育では生徒全員コンピューターが支給されています

ペーパーレスでの教育。すべての教材・情報はオンラインで入手可能

競争力を高めるための共同学部

スタートアップ企業のためのハブや支援施作

人口の85%以上がインターネットにアクセス可能

より高いレベルの教育は、5つの州立大学の1つまたは私立大学の1つで取得できます。 最大の大学は、首都スコピエにある聖キリルとメトディウス大学です。 この大学の一部として、国内最大のコンピュータサイエンス・エンジニアリング学部があり、年間2500人以上の高度なICT卒業生を輩出しており、これは国の卒業生全体の30%以上を占めています。

また、100%ICT指向のオフリド市にある聖パウロ使徒 情報科学技術大学を含む全国の他の大学から毎年2000人以上のICT卒業生がいます。 ICTで働く人々の60%以上が理工系の卒業生であり、25%以上がまだ理工系学生になるための研究に取り組んでいます。

さらに、民間企業のIT教育への投資はマケドニアの主流トレンドになっています。 過去数年間で、ハイテクのハブ企業、インキュベーター、アクセラレーターの多くもIT教育の機会を提供しています。 マケドニアには、QA、モバイルアプリ開発、フロントエンド開発、バックエンド開発、UX / UI設計、プロジェクト管理など、すべてのITブランチ向けの教育プログラムを提供する30を超える教育センターがあります。 それらの多くは、高度なスキルと経験を積んだ個人によって指導され、6〜12か月続くITアカデミーを組織し、ITプロフェッショナルが実際のプロジェクトでのダイナミックな作業を通じて企業に採用される準備をしています。

ビジネスとITランドスケープ

タイムゾーンはGMT + 1(CEST)です。 公式のアルファベットはキリル文字ですが、人口の100%がラテンアルファベットを取得しています。 英語は、教育制度と日常のニーズのために、特に若い人々の間で、至る所で話されています。 マケドニアで少なくとも1つの外国語を話す25〜34歳の人口の割合は40.0%であり、EU平均の38.7%よりわずかに高くなっています。

null

高度で優秀なIT人材は数多く存在し、IT業界の従業員の70%以上は25〜29歳です。

IT技術者の大多数、約50%はフルスタックエンジニアであり、約20%はバックエンドエンジニアであり、残りは他のさまざまなITポジションにいます。 中級者と上級エンジニアは、IT人材の60%以上を占めています。

マケドニアには、75,000社を超えるアクティブな企業があります。主要なビジネスセンターであり、最も発展した都市は首都スコピエです。ビトラ、プリレプ、オフリド、クマノヴォ、テトヴォは、マケドニアのビジネスコミュニティにとって重要な都市でもあり、多くの大企業、個人所有、または外国資本の投資機会を見つけることができます。

マケドニアを投資先として魅力的なものにしている要素の一つは低く設定されたフラットタックスシステムです。 マケドニアは、世界銀行によって4番目の「最高の改革国家」としてランク付けされており、独立以来、かなりの経済改革を遂げてきました。 マケドニアは近年、貿易がGDPの90%以上を占める開放経済を発展させてきました。ヨーロッパで最大の成長率の国の1つであり、平均4%であり、ルーマニアやポーランドなどの国に匹敵します。

マケドニアのIT産業は国内で最も急速に成長している分野です。 世界銀行の報告によると、マケドニアは、ビジネス要因と環境、特にIT分野でビジネスを行うための条件と前向きな政策および生産性に関していくつかの側面で、この地域のITリーダーとして認識されています。 マケドニアは高度なスキルと教育を受けた技術者の中でも、他の東ヨーロッパの国々で成功事例として紹介されています。

現在、マケドニアのICT業界には1,957の企業があり、総雇用人口の4%以上を雇用しています。 今後数年間で6%まで増加すると予想されます。 ICT業界内の企業は、ソフトウェアおよびITサービス、電気通信、ICT 製造、ICTに関連した貿易、およびその他のITサービスの5つのサブセグメントに分かれています。 主なITサブセグメントは「ソフトウェアとITサービス」であり、成長率ほぼすべての業界を上回っています。 過去のデータとその現在のパフォーマンスによると、ICT産業は近い将来マケドニア経済の主要産業の1つになると予測されています。

GDPに対するICTの貢献は2018年の時点で2.5%を超えており、2022年までに5%以上になると予想されており、その大部分はソフトウェアサービスが貢献しています。 この傾向のため、政府は、投資家、アクセラレーター、イノベーションハブ、民間高度教育センター、コワーキングスペースにとってインフラストラクチャと環境をよりアクセスし易くし、ICT施策情報、助成金や施設にアクセスできるようにするために多くの投資を行っています。