医療向けソフトウェア

クリニック向けオンライン診療システム

東京を拠点とするクリニックチェーンは、患者のための解決策を見つけようとしていました。 多くの場合、患者は自分の状態を簡単にチェックして処方箋をもらう必要がありますが、これは予約を取り、クリニックに訪問して待ち時間を経て医師と10〜15分の診察受ける事を意味します。
COVID-19パンデミックや緊急事態宣言下、患者は緊急でない診療所への訪問をなるべく避ける必要を感じましたが診療所への訪問は延期されるべきではありません。クリニックの経営陣のアイデアは素晴らしく、オンラインでの診察予約、医師とはビデオ会議で対面し、すぐに治療を受けることが可能で処方箋もオンラインで発行可能なソフトウェアを構築して、ユーザーエクスペリエンスをこれまでにないレベルに引き上げました。
null
null

概要

このプロジェクトの背後にあるビジョンは、医療サービス部門内で可能な限り最高の体験を生み出すことでした。 クライアントは、最高のクリニックを持つというアイデアに駆り立てられました。

Web経由の予約システム、ビデオ通話用のZoom、処方箋と支払いシステムなど、複数のアプリを使用するソリューションがありますが、それらはいずれも相互に機能しないため、生産性の向上にはほど遠いものでした。 クリニックは、患者、医師、看護師、薬剤師、バックオフィス、および相互に連携するすべてのシステムにとって使いやすいソリューションを作成する必要がありました。

課題

私たちのクライアントは有望なテストモデルを持っていましたが、医療向けサービスプロバイダーの信頼性とアイデンティティを確立するという課題は差し迫った問題でした。

ソリューション

アジャイル(スクラムチーム)を採用することでエンドユーザーからの直接のフィードバックを注意深く分析し、それに基づいて短いサイクルで最大の価値を提供しました。 ビジネスの運用プロセスを観察することで、重要な詳細に対処する小さなリリースを通じて徐々に取り組んだ実際的な問題を特定することができ、エンドユーザーの日常業務の生産性向上と顧客満足度向上に役立ちました。


FRONTEND BACKEND IOS ANDROID

既存の汎用スケジューリングシステムは、従業員が労働時間、休憩、および業務内容を定義できるようにする、完全にカスタマイズ可能な勤務シフトおよびスケジューリングシステムに置き換えられました。

複雑でありながら直感的なカレンダーを開発。これにより、従業員は就業日をすばやく確認し、患者や医師、部屋、予定の種類、患者の基本情報に関する必要な情報を見つけることができます。

プロジェクト キックオフ

MVPの最初にリリース

iOS/Androidのフロント及びバックエンド

スケジュールシステムとの統合

フロント及びバックエンド

患者数1000人でテスト

予約システム稼働とセキュリティの向上

クリニックにおける他のシステムと統合作業

通知システムの機能アップデート

処方せんの送付手配システム

患者数が3000人を超える    

サービス範囲の拡大と新しい主要な役割の導入

電子カルテシステムの統合

クリニック内で使用される予約用の個別のシステムとの統合

バックエンド

患者数が10,000人を突破  

チーム構成

このプロジェクトでは、PMとQAを含むエンドツーエンドのチーム全体をWebFactory MKは構成しました。 高度なスキルを持つチームが製品の開発と安定性の確保に取り組んでいる間、クライアントはビジネス戦略と製品計画に集中することができます。

Todor Panev

統合されたコンタクト窓口

null

結果

Results

システムの機能ハイライト

•患者とビデオ通話をしながら、オンライン上の描画ツールを使用して患者の関心領域のスクリーンショットを撮り、画像を共有し、進行状況を示す機能

•既存の汎用スケジューリングシステムは、従業員が労働時間、休憩、および業務内容を定義できるようにする、完全にカスタマイズ可能な勤務シフトおよびスケジューリングシステムに置き換えられました。

•複雑でありながら直感的なカレンダーを開発。これにより、従業員は就業日をすばやく確認し、患者や医師、部屋、予定の種類、患者の基本情報に関する必要な情報を見つけることができます。

•クリニックにおけるさまざまな役割を理解し、それぞれに特定の権限とアクセシビリティを設定。

•処方せんのオーダー、出荷および支払いシステムの実装

•患者の状態と治療の進行状況を管理するために使用される完全な電子カルテシステムの実装

東京での合同開発セッション


Appointments created in 2020: 70,000+

Number of patients: 24,000+

パンデミックにより2020年にオンライン予約が急増


東京での合同開発セッション


Appointments created in 2020: 70,000+

Number of patients: 24,000+

パンデミックにより2020年にオンライン予約が急増


null

プロジェクトのハイライト

1.

サービスの成立を明確に定義するには、ユーザーベース、マーケティング、法務、開発の部門間をまたいだ調整が不可欠でした。

2.

スケール要件

ユーザーとクリニック従業員の増加により、スケールするための主要な重点分野が定義されました。

3.

少数精鋭のチームによる大きな貢献

SCRUMアプローチにより、私たちのチームは短いサイクルで最大限の価値を提供することができました。

あなたの場合はどうですか?

さまざまな顧客のタッチポイントをデジタル化しましょう! これまでにないデジタルストーリーを伝えることで、ブランドへのロイヤリティを高めましょう!