エンターテイメント

JoyJoi

アイドルとの交流に革新をもたらす、バーチャル握手会プラットフォーム「JoyJoi」は、ファンが日本のアイドルと仮想空間で会える場所です。
ファンのためのオンラインプラットフォームとしては初めてFlutterで構築されています。Flutter は数万人のユーザーが利用する、ビデオ通話にも対応したツールです。
null
null

概要

JoyJoiは、エンターテインメント業界で多くの実績を誇るPulse by IGNIS発のアイデアとして誕生しました。JoyJoiは新型コロナウイルスが世界的に蔓延する中、日本のアイドルとファンをビデオ通話で繋ぎ、その交流を支援しています。日本では2020年3月以降、すべてのイベント会場が閉鎖されているため、Pulse by IGNISは、ファンとVoyzBoyzとのつながりを維持するために一歩前進することを決めました。ファンがチケットを購入して、好きなグループのアイドルと会えるバーチャル握手会のプラットフォームです。このプラットフォームは、現実を完全に再現したシミュレーションとなっています。

課題

Pulse は、日本各地で大きなイベントやコンサートを開催し、ファンと触れ合い、最高の歌を届ける、というグループのための大きな計画を掲げていました。世界中の誰もが予想していなかった世界規模のパンデミックによってこの業界は特に大きな打撃を受けました。

ソリューション

導き出したソリューションは、アイドルとのバーチャル握手会を、ファンにとってユニークで迅速かつシームレスな体験にするためのカスタムメイドしたプラットフォームです。

技術とツール


Java SpringBoot Angular 10 Flutter JS CSS HTML AWS Git oAuth

バックエンド

Web Factoryのチームは、Spring Bootを利用してバックエンドを開発しました。フレームワークには、製品ドメインに関係なく標準的な要素を使用しています。これらの一般要素には、メール送信やプッシュ通知、ユーザー情報とアクセス管理、JWT認証、その他さまざまな本番用モジュールや開発用モジュールが含まれており、これらをそのまま使用したり、カスタマイズしたり、コピーしたあとで変更したりすることができます(法的な理由から)。私たちはこのようにして開発をスタートさせました。

フロントエンド

フロントエンドのアプリケーションは、構成や用語に関してバックエンドと同じ手法を取り入れています。TypeScriptを用いて、モジュール式で柔軟性のあるAngular 10+アプリケーションを書き出しました。ここには、バックオフィス・アプリケーション(別名:管理パネル)も含まれます。

モバイルアプリケーションは、クロスプラットフォームのフレームワークであるFlutterを使って開発しました。その際、ビデオ通話の複雑な操作性を実現するためにiOSとAndroidのネイティブコードで処理すべき項目が複数ありました。

QA

QAチームは、製品開発や技術開発への取り組みに関わる重要なテストケースを担当しました。自動化されたテストケースはQAプロセスの一部であり、Web FactoryとPulse by IGNISのチームから高評価と感謝をいただきました。

フロントエンドとバックエンドのアプリケーションによるプロジェクトのキックオフ。

10人のチームを立ち上げ

Pulseとの緊密な連携によるビジネス分析と製品定義

製品の直感性を実現するために、

何度も繰り返してワイヤーフレームの提案を修正・改善しました。

ファンのためのモバイルアプリケーションの導入

ユーザーベースの分析に基づくスコープの変更。

チームの成長とモバイル専門チームの結成。安定した新しいクロスプラットフォームとしてのFlutterの推進

開発フェーズ、QAテスト、UI

Web FactoryとPulse側で複数回のテストを実施し、改良のためのフィードバックを収集

安定化フェーズ、手動・自動テスト。本番環境とステージングのセットアップ

テストセッションからのフィードバックの分析、スコープの変更、改善の実行

本番環境での初期立ち上げと最初のセッションは素晴らしい結果となりました。

安定した信頼性の高いシステムで、全ユーザーのビデオ通話成功率は99%に達しました。お客様からは満足の声が寄せられ、今後のセッションでもこのシステムを使用することが確認されました。

チーム構成

プロジェクト成功の最大の要因は、15人の高いスキルを持ったチームを編成したことです。

Todor Panev

統合されたコンタクト窓口

null

結果


私たちは、Pulseの新製品を限られた環境の中で生み出しました。チームは高い品質基準を維持しながら、アジャイル方式で迅速に作業を進める必要がありました。さらに、強力なチームを構築することもできました。お客様のためにユーザー体験を変えるという結果を得るため、日々努力を続け、優れた価値を提供しています。

ソリューションを定時する際、その分野の専門家に協力してもらうことのメリットは計り知れません。今回のプロジェクトでもそうでした。製品開発は、Web FactoryとPulse by IGNISの両チームが協力して行いました。

これにより、エンジニアがドメインの知識やルールをコード変換することが可能になりました。イベントのスケジューリング、チケットの確認、過去の予約の確認、そして今回の製品で最も重要な握手会といった要素を用意しました。Web FactoryとPulse by IGNISのチームには、非常に安定した共通の基盤があり、コラボレーションと開発がスムーズに進みました。

15人の専任チーム


アーキテクチャとソリューションを迅速に提供。

管理者、アイドル、ファン、マネージャー向けに開発されたフロントエンドアプリケーション。フロントエンドとモバイルサポートのためのAPIを備えたバックエンドシステム

AWSインフラの立ち上げとメンテナンス


多層セキュリティ


製品開発に伴うUI/UXはPulseと共同開発。Web Factoryによる完全UI。

数百万人のユーザーをサポートするために、クロスカントリーでの使用が可能なアプリケーションを用意。

Flutterで開発されたモバイルアプリケーションは、クロスプラットフォームに対応。


15人の専任チーム


アーキテクチャとソリューションを迅速に提供。

管理者、アイドル、ファン、マネージャー向けに開発されたフロントエンドアプリケーション。フロントエンドとモバイルサポートのためのAPIを備えたバックエンドシステム

AWSインフラの立ち上げとメンテナンス


多層セキュリティ


製品開発に伴うUI/UXはPulseと共同開発。Web Factoryによる完全UI。

数百万人のユーザーをサポートするために、クロスカントリーでの使用が可能なアプリケーションを用意。

Flutterで開発されたモバイルアプリケーションは、クロスプラットフォームに対応。


null

「素晴らしいチームです! 日本のアイドルグループを対象とした、これまでにない、課題の多いアプリケーションに取り組んできましたが、Web Factoryの対応は見事でした。10ヶ月足らずで複数のプラットフォーム上でビデオ通話ができるプラットフォームをゼロから作り上げました。」

Blue lines
null

長谷川敏樹

イノベーションマネージャー

Project highlights

1.

フロントエンド、バックエンド、モバイルソリューションを開発し、迅速に提供できる即席の技術チーム

2.

Pulse by INGISと共同での完全な製品開発


3.

15人のチームでMVPを3ヶ月で提供し、10ヶ月で製品を完成。

あなたの場合はどうですか?

さまざまな顧客のタッチポイントをデジタル化しましょう! これまでにないデジタルストーリーを伝えることで、ブランドへのロイヤリティを高めましょう!